« フジテレビ非難で高岡蒼甫が事務所を退社 | トップページ | 「はやぶさ 遥かなる帰還」がクランクアップ »

2011年8月12日 (金)

アップルが時価総額でナンバーワンに

世界中で販売されているスマートフォン「iPhone」と、

一回り大きい「iPad」の販売が絶好調のアップルが、

ニューヨーク市場で時価総額の首位に躍り出ました。



これは今月10日のニューヨーク市場で、アップルの時価総額が

石油大手のエクソンモービルを抜いて終値ベースで首位に

躍り出たことから世界中に報じられています。



企業の時価総額とは、発行済の株式数と現在の株価を乗算して

求められる株式指標で、マーケットで派企業の価値、将来性

などを推し量る目安の中のひとつとされています。



すでにアップルは昨年の5月に米マイクロソフトを、時価総額で

追い越しています。この時点でアップルはアメリカのIT企業の

なかでも最高位の格付けとなっていますが、さらに2011年

の4〜6月期決算では、四半期決算として過去最高の業績を

挙げました。この結果、7月25日には初めて1株あたりの

株価で400ドル台という大台に乗せています。



そして今月10日には、アップルの時価総額は3371億ドル、日本円

にして約26兆円という巨額にまで膨れ上がりました。エクソン

モービルの3307億ドルさえ上回り、世界で最も価値のある

企業として君臨したことになります。今後もアップルの

ナンバーワンが続くとは限りませんが、この出来事は世界中で

報道され、とくにアメリカでは速報で各紙が伝えている

ようです。



アップルの好調の原因は言うまでもなくiPhoneとiPadが世界中で

売れまくっていることにありますが、今後もさらに、性能を

アップさせた新しい端末やOSなどのサービスが続々と登場する

気配も続きます。



アップルはスティーブ・ジョブズ氏の健康状態がもっとも

大きな懸念材料と言えそうですが、それ以外にはこれと言った

不安材料も見当たらず、今後も躍進が続きそうです。





【関連ニュース】

Yahoo!ニュースURL


ITメディアニュースURL


日経ビジネスオンラインニュースURL


イザ!ニュースURL


----------PR----------



FX 入門 テクニカル指標 ファンダメンタル ドテン 逆張り 順張り ナンピン


鉄道 ダイヤ 駅長 列車指令 スジ屋 保線員


レアメタル レアアース 中国 エネルギー政策 代替エネルギー


Android アンドロイド アプリ 便利 お得 口コミ

|

« フジテレビ非難で高岡蒼甫が事務所を退社 | トップページ | 「はやぶさ 遥かなる帰還」がクランクアップ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1233166/41184423

この記事へのトラックバック一覧です: アップルが時価総額でナンバーワンに:

« フジテレビ非難で高岡蒼甫が事務所を退社 | トップページ | 「はやぶさ 遥かなる帰還」がクランクアップ »