« 「はやぶさ 遥かなる帰還」がクランクアップ | トップページ | キンドルの廉価版はたったの79ドル »

2011年9月14日 (水)

「カレログ」が大きな波紋を呼ぶ

スマートフォンにインストールされると、その端末の位置情報や

電源の有無などの情報を送信し続けるというアプリ「カレログ」

が大きな波紋を呼んでいます。悪用されれば、自分の行動が

筒抜けになってしまうわけで、一時はアプリ自体がウィルス認定

されるほどの騒ぎとなり、総務省までがこのアプリについて

言及しています。



今年の8月30日にサービス開始となったばかりのアプリ

「カレログ」は、GPS(衛星利用測位システム)の位置情報を利用し

インストールされた端末の居場所を追跡できるという

アプリです。追跡したい相手の端末にコッソリインストール

しておき、会員登録を済ませてしまえば、自宅のパソコン

などからリアルタイムで相手を追跡できます。さらに、

端末内にある他のアプリの一覧や、端末自体のバッテリー残量

まで追跡できるので、電源を切って「電池が切れていた」という

ウソを見抜くこともできます。また、現在は実装されて

いませんが、開発当初は通話履歴まで確認できたそうです。



このように、スパイ的な要素が満載されたアプリだったため

大手インターネットセキュリティー会社「McAfee」では一時、

「悪意を持った第3者が、個人情報を抜き取ることができ得る」

としてウィルスソフトとして認定したほどでした。現在は

改善されて認定は解除されていますが、川端総務相までが

カレログについて言及し、「アプリを入れるということを、

本人の同意があるのか、ないのかは、たぶん一番の問題だと

いうふうに思いますし。今の段階でいえば、サービス当事者の

改善を見守り中」とコメントを発しています。



カレログの開発元は、通話履歴を見られなくするなどの改良を

行ったうえで「浮気防止アプリという側面が強すぎ、

プライバシーへの配慮が欠けていた。今後は技術を生かして

子どもや老人の所在地を把握するアプリや緊急時の安否確認

などに生かせるアプリを作っていきたい」とコメントして

います。





【関連ニュース】

Yahoo!ニュースURL


ITメディアニュースURL


日経ビジネスオンラインニュースURL

イザ!ニュースURL


----------PR----------



薬剤師 第二類医薬品 医療用医薬品 薬事法 薬剤師法 健康保険法 第三類医薬品


防指紋光沢保護フィルム 裏技 口コミ お得 活用


最新アプリ お得 便利 口コミ 活用 アンドロイド

|

« 「はやぶさ 遥かなる帰還」がクランクアップ | トップページ | キンドルの廉価版はたったの79ドル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1233166/41693837

この記事へのトラックバック一覧です: 「カレログ」が大きな波紋を呼ぶ:

« 「はやぶさ 遥かなる帰還」がクランクアップ | トップページ | キンドルの廉価版はたったの79ドル »